銀行系カードローンでも無担保で借り入れできる

フリーローン、カードローン、 不動産担保ローン、住宅ローン、マイカーローン、リフォームローン、教育ローンなど、 借り入れできるローンにはいろいろあります。 不動産担保ローンは低金利で限度額が高いところが最大のメリットですが、 万一、返済ができなくなると、担保にしている不動産が処分されることがあります。

担保を用意できないという場合は 消費者金融などで無担保ローンがありますが、 消費者金融では抵抗があるという方は、 銀行系カードローンでも無担保で借り入れができます。

連帯保証人も探すことなく、審査にさえ通ってしまえば、限度額の範囲でなんどでも借り入れすることが可能です。 使いみちは事業性資金を除いて自由です。 生活や暮らしで現金が足りなくなった時には大変助かります。

銀行系カードローンは比較的低金利で高い限度額、銀行という安心感、 貸金業法で借り入れ年収の3分の1までと制限されている総量規制の対象外など、 いろいろなメリットがあります。その代り審査や申し込み条件に厳しいことがあります。

担保や保証人が必要ない分、返済期日に遅れたときには、ペナルティーがかかってしまいます。 遅延損害金をお支払いすることのないよう、借り入れする前に無理のない返済計画を立てることを心がけましょう。

銀行系は無担保で借り入れできるが審査に厳しい

お金を金融機関から借りる場合は 担保や保証人を用意する必要が多いですが、 消費者金融や銀行系カードローンなどでは無担保でお金を借りられます。

急に現金が足りなくなったという場合は 担保を用意するのも保証人を探すにも結構時間がかかるので、 無担保ローンの存在はありがたいものです。 最近ではインターネットで来店することなく申し込めて、 審査もスピーディー、即日融資が受けられる金融機関が増えてきて、 担保や保証人不要で必要な時にすぐに借り入れする事が出来るようになりました。

銀行系のカードローンで借り入れする場合は 消費者金融よりは審査に厳しめで、審査に時間がかかることが多いですが、 金利や限度額が良い条件になっています。 借り入れする際に急ぎではない場合は、まずは銀行系カードローンに申し込んでみると良いですね。

無担保でお金を借りられる分、返済期日までお支払いする約束は守りましょう。 万が一、遅れすぎると限度額を減額されたり、新規借り入れができなくなったり、 遅延損害金を請求されるといったペナルティーがかかることがあります。 最悪、ブラックリストに載ってしまい、当分の間、 新たな住宅ローン利用やクレジットカード作成ができなくなることもあります。

借り入れする前にきちんと返済計画を立てるのが大切です。
キャッシング 即日するならキャッシングアイ